樹木葬とはどういったものなのか

最近では、日本国内において、樹木葬を選ぶ方が増えているといわれています。
樹木葬というのはいまそれほど馴染みがないものであるといえますが、実際にはどういったものなのでしょうか。
樹木葬とは、文字通り、花や木などといった、自然の樹木などを墓石の代わりとしている、自然葬のひとつとされています。 “樹木葬とはどういったものなのか”の続きを読む

店によってリサイクル品の対象が変わる

01ブランド品は買取という形でリサイクルショップに出すことができます。しかしショップによっては買取をしてくれる物に変化があり、もしかしたら買取が出来ないと言われてしまうものがあるかもしれません。そのため沢山の商品を持っていく場合、買取が出来ないものもあることを知っておいてください。どのブランド品でも買い取ってくれるわけではなく、自分の店が利益になるものだけ買い取っているケースが多いです。
“店によってリサイクル品の対象が変わる”の続きを読む

花の種からいろいろな花を育てます

花の種春になるといろいろな所で花の苗が売られているのを目にします。これらの花の苗を買ってきて植える事もありますが、それよりも花の種から植えて育てる方が、強くて大きく育つ花になります。 花を種から育てるという事は大変な時間と手間がかかります。できる事ならそれなりに大きく育った市販の花の苗を植えてしまった方が楽です。しかし時間と手間をかけてでも種から育てる事にはメリットがあります。 とても小さな花の種はちょっと風が吹くだけで飛んでいきそうなくらいの大きさと軽さです。 “花の種からいろいろな花を育てます”の続きを読む

石材屋が霊園内にあるところに決めました。

11数年前主人の父が亡くなりました。主人の実家では初めての仏様なので仏壇・お墓ともにありませんでした。急に亡くなったものですがら、どれから手配すればいいものやらてんてこ舞いの毎日でした。まずは仏壇を購入し、過去帳を仏壇に供えました。それからお墓の手配です。まずは墓石よりも霊園を探すことから。市営の霊園は実家から遠いため、車の運転ができない母が通うには大変です。また市営だと入るために条件がいくつかありそれをすべてクリア出来ているか調べるのも面倒くさい状態でした。
“石材屋が霊園内にあるところに決めました。”の続きを読む

大震災の爪痕で除染が

除染日本国民であれば誰もが忘れることの出来ない大きな災害が起きてから、3年以上の月日がたとうとしています。その災害は東日本大震災です。災害の元となったのは、地震ですがその地震による想定を超える津波が大きな被害をもたらしました。それまで日本の電力を支えていた福島第一原発も津波の被害を受け壊滅的な被害を受けました。ですがそれ以上の問題がそこから始まりました。原発施設の崩壊により放射能が付近に放出されてしまったので、新たな除染という問題が発生しました。
“大震災の爪痕で除染が”の続きを読む

映画とTシャツが好き 映画の黎明期

starwars11 (1)

私は映画と、映画Tシャツが大好きで、よく映画館でもTシャツを買います。

映画の黎明期のお話です。
黎明期の映画は、移民や労働者階級のための英語の理解や読み書きの能力を必要としない娯楽と情報を提供するものだった。そのため、理屈抜きで楽しめる喜劇や活劇が好まれた。スラップスティック(体を張った)コメディ・で活躍し、三大喜劇王と称されたチャールズーチャップリン、バスター・キートン、ハロルドーロイド、二丁拳銃をトレードマークに西部劇俳優の元祖となったウィリアム・S・ハート、連続活劇の女王パールーホワイト、妖艶さを売り物にし、バンプ=毒婦と呼ばれたセダ・バラらが人気を得た。
また、日本からハリウッド入りし、『チート』(15)の悪役で評判を呼んだセッシューこと早川雪洲、アメリカの恋人‘メアリー・ピックフォード、名花リリアンーギッシュらの存在に、後のスターシステムの萌芽を見ることができる。そして、D・W・グリフィス監督の『国民の創生』(15)と『イントレランス』(16)は、映画が芸術足り得ることを証明した。 “映画とTシャツが好き 映画の黎明期”の続きを読む

冠婚葬祭の基礎知識 香典返し

kankonsousai (27)冠婚葬祭って良くわからないことが多いですよね。
今回は冠婚葬祭の基礎知識をご紹介します。香典返しについて。
香典返しは礼状とともに、3分の1から半額程度の品を用意しましょう。
香典返しは仏式の場合、四十九日の忌明けの法要が無事終了したのち、忌明けの報告とお礼を兼ねて行うもの。葬儀の日から2ヵ月くらいの間を目安に届くように準備しましょう。 “冠婚葬祭の基礎知識 香典返し”の続きを読む

ユニフォームの安全対策

uniform (30)広がりやすい裾にゴムや紐をつけたり、汚れたユニフォームはすぐに替えるよう告知したり、人に触れる部分のファスナーを布で隠したり……。デザインや管理方法をほんの少し変更する程度のマイナーチェンジなら、ユニフォームの本格的なリニューアルを待つ必要はありません。ユニフォームは、スタッフに一番身近で目につきやすいものだからこそ、絶えずバージョンアップをほどこせば、確実にスタッフのモラルアップをうながすことができます。 “ユニフォームの安全対策”の続きを読む

介護福祉の疑問 なぜ家族が面倒をみられないのか

介護福祉介護福祉の世界では、面倒をみる人が高齢者になりつつある。そのうち女性が80%を占めている。雇用面でのマイナスも。
介護する人がいないか、いても高齢になった。20年ほど前まで高齢者のいる世帯は全体の2割ぐらいでしたが、平成9年には3割を突破し、平成10年には高齢者のいる世帯のほうが年少者のいる世帯を上回ったのです。
しかも高齢者のいる世帯をみると、1人暮らしが17.6%、夫婦2人暮らしが26.1%、親と未婚の子供の2人暮らしが13・7%となり、三世代同居が3割を切りました。
さらに2010年には1人暮らしと夫婦世帯が、全世帯の6割を超えるという予測が出ています。
これまで介護が必要になると、その人の家族が世話をしてきましたが、こうなると家庭で介護を受けたくても介護者がいないか、介護する側も高齢者となってきたのです。 “介護福祉の疑問 なぜ家族が面倒をみられないのか”の続きを読む