水道の引っ越しは事前に準備をするのが大切です

引っ越しをする際には各種のライフラインの手続きもするのが必要になります。電気やガスや水道などはそれぞれ各会社に連絡をする必要があり、複数あると手間がかかるのですが重複して料金を取られないようにするにはこれらの手続きが大切です。水道の引っ越しの際には期日の大体1週間から2週間までの間に水道局に連絡をして止める手続きをします。基本的に電話でで停止をしてもらうのですが、最近はインターネット上からもできるようになりました。立ち合いなどは特に必要ないので、できるだけ早めにやっておくのをおすすめします。

水道の引っ越しについては引っ越し先に着いてからの方がより大切になります。電気とは違って水道は事前に開通の手続きをしていないと使うことができません。電気は引っ越し後に使うことが可能なところが多く事後連絡で手続きを完了するのですが、水道の引っ越しの際には引っ越す前に連絡をして、予定日に開通してもらうことが大切です。開通は水道局への電話連絡やインターネット上での手続きで簡単にできますが、およそ引越しの3~4日前までに連絡して開通手続きをすると間に合います。もし間に合わない場合にはペットボトルのお水を購入する必要があるので、事前に準備をしておきましょう。