行政書士の資格は就活、転職で強力な武器になる

就職活動又は転職活動に向けて何か資格を取得しようと考えている方へ、私がオススメする資格は行政書士です。
はじめに断って起きますが、法律系の資格である行政書士に合格するためにはそれなりの勉強時間が必要となります。
試験も年に一回のみ、失敗してしまうと翌年までチャンスを待たねばなりません。
それなりの難易度がある資格となります。
その分、合格した時のメリットは大きいと言えます。

学生のうちに行政書士の試験にチャレンジしておけば、ガクチカとして強力なアピールになりますし、何より法律の知識が身に付くので総務や事務での採用を狙う上で大きなアドバンテージとなります。
また、転職活動で前の会社よりも上の会社を望む方にも行政書士の資格は強力な武器となります。
行政書士の合格のためには一定の勉強時間と計画的な学習が必要。
社会人になってからも努力を欠かさず日々学ぶ姿勢を証明するにはバッチリの資格です。
中小企業では、人材不足のため専門の法務部を持つことが難しい企業も多いため、実践的な知識を持つ行政書士資格保持者は喉から手が出るほど欲しい人材です。
前職を辞めて再就職までに多少時間がかかった場合でも、行政書士の勉強をしてました、と言えば言い訳がたちます。
行政書士は、資格としてのステータスも実際に役立つ点からも就職転職にオススメです。