自分の上に将来花が咲いたら素敵

自分の弔われ方について考えてみると家族に負担をかけたくないというのが一番なのですが、特に死んでまで通したい希望はない、というのが常に念頭にあります。

とはいえ素敵だな、と思ってしまった埋葬方法があります。
それが樹木葬です。

樹木葬はいわゆる散骨のようなものだと思っていましたが、木を墓標としたお墓であることを知って古来に近い弔い方だと感じました。

タイプも様々で、シンボルツリーの周辺に遺骨を埋葬するタイプ、一つずつの区画に植樹をして遺骨を埋葬すルタイプや遺骨が土に還るタイプと還らないタイプなどに分けられたり、ペットと共に埋葬できるタイプなどもあり自分の希望通りにできる点で人に無理をさせることなく希望が通る形です。

また、永代供養が多いことや入檀義務がないことで残された家族・親類に対して負担がないのが自分自身にとっても良いなと感じます。

特に自然に還ることができるタイプは遺したいものがない自分にとって昔からの埋葬方法に近く、樹木の種類は墓地によって指定されているところがあるものの樹木を選べる墓地もあるということなのです。
自分の上に将来花が咲いたら、もしその花が未来の誰かを笑顔にしてくれる存在になっていたら素敵だなと感じてしまいました。