家庭で出た木くずはどのように処分するのか?

庭木を切った、あるいは家庭菜園の果樹を切った、そんなときに出るのが木くずです。
この木くずはどのように処分するのでしょうか。
これは一般廃棄物として各自治体の緑のリサイクルセンター(名称は各自治体によって異なります)へもっていきます。
他の廃棄物とは異なり、木くずの場合は専用のスペースがありますので、施設内の係員の指示に従って処分場所へ運び、そこで同じく係員あるいは案内板の指示によって木くずの処分を行います。

地域によっては月に一回、木くずの回収日が設けられていることもあるので、確認してみてはいかがでしょうか。
木くずは可燃ごみと異なり、量も多くかさばります。
そのため軽トラックなどに積載して施設に持っていくというのが一番現実的です。
ただ、積載する体力がない、運転できないといった事情であれば、行政ではなく造園業者に依頼して回収してもらうという手もあります。
この場合は、行政と異なり費用が発生するものの、専門家による適切な処理を行い、迅速に回収をしてくれるため、木くず処分としては便利な手段と言えます。
建設業などで土地の造成を行う場合に出る木くずは産業廃棄物の扱いになるため処分方法が変わってくる点に注意してください。