屋根の工場修繕は素材により異なる

工場修繕には内装と外装がありますが、特に屋根は目に見えて表れやすい場所です。
工場の屋根は折半屋根と波形ストレートが主流になっています。それぞれにメリットとデメリットがあり、建設された年によっても違いがあるようです。
ひと昔前までは波形ストレートが一般的でした。波形ストレートの利点はなんといっても錆びにくさです。水に強く錆びにくいことから、多くの工場で用いられてきました。また、音が響きにくいことも良い点です。音が響きやすいと雨天時に雨音が響き、作業中の従業員が集中できないという問題点もあります。音が響きにくい波形ストレートなら、そのような問題もありません。

ただ、一時期素材の安全性に問題が発生したことがあり、それ以降素材が見直されるようになったと言われています。
もうひとつ屋根の工場修繕の素材、折半屋根は金属であるため耐久性の高さが強みになります。また、熱に強く防火性に優れていることも、この素材の魅力と言えるでしょう。
ただ、錆びやすいというデメリットがあるため、錆びに強くなるための工夫がされていることがほとんどです。
また、音が響きやすいという問題点もあるので、響きにくくなるよう対策されています。