あなたも他人事ではない「障害年金」について!

いつ事故にあったり病気になって、障害を持つ体になって生活が困難になったり仕事に支障が出てしまうか将来は誰にもわかりませんが、自分かもしれないし、家族かもしれない。病気では、がんや糖尿病、心疾患、呼吸器疾患など内部疾患の病気も対象になるってことは、私は知りませんでしたので、知らないでいると障害年金の手続きができなくてもったいないです。

知らない事はとてももったいないのです。国は、税金とか徴収することは、とてもスムーズなシステムを作ってますが、こちら側から頂く時は、お知らせもしてくれないし、こちらから申請しないと頂けないので、なんでも調べて問い合わせしないといけません。また、手続きやどんな書類が必要なのか調べておく事は備えになるので一度調べておくといいかもしれません。また、障害にもランクみたいなものがあるので障害年金がいくらになるかシミュレーションができるサイトもあるのでいざというときは大体の金額がわかるみたいです。また、厚生年金保険や共済年金に加入している方で障害の程度が1級・2級の場合は、障害厚生年金ま又は障害共済年金と合算で障害基礎年金も頂けるみたいです。自分自身が障害を抱えるかもしれないし、家族かもしれない、明るい将来設計も必要ではあるけれど、「備えあれば憂いなし」です。