ホームページ制作のできる新卒社員を採用しろと言われましても……

homepage11昨年からの話なのですが、会社からホームページ制作のできる新入社員を入社させてほしいというリクエストがありました。中途ではダメなのかを聞いたのですが、中途ではなく新卒入社のできる社員が欲しいとのこと。そもそも、新卒で入るくらい若い人間でそのようなスキルのある人間などいるのでしょうか。当時は甚だ疑問ではありましたが、上からの命令であれば従わざるを得ないのが会社員の悲しい宿命です。無理だろうと思いながら、私は渋々その件を了承したのでした。

こうして非常に難しい人材の確保に走ることになった私でしたが、募集をするとこれが思っていた以上に多くの学生が応募してくれるものなのですよね。正直、あの時点では「え、意外と楽勝じゃないか」と思ったものです。
ところが、実際に来てもらって面接をしてみると、これがこちらの思っている以上にスキルの足りない人ばかりなのです。聞けば、殆どの学生が本格的にはやったことは無いものの、趣味や授業で少しやっているので出来ると思ったというではありませんか。そんな感じで来られても困るのですが、明確にスキルの要求をしていなかったこちらにも非があります。大変申し訳ないのですがお断りをし、結局は中途社員でホームページ制作のできる人を採用することとなりましたよ。だったら最初から中途で募集をすれば良いのに!と思いつつ、サラリーマンの私は笑顔で「中途に切り替えてもらって助かりました!」と言うのでありました。