貸し切りバスは値段交渉が必要である

私が学校の役員をしていた時、みんなでバスで移動するために貸切バスを借りる手配をしたことがあります。地元のバスの会社の中から、貸し切りできるサービスのある所を探し、電話をかけました。利用する日、そして利用する場所と距離、人数などを細かく聞かれ、どのくらいかかるかということの見積もりを出してもらいました。
その際には、学校対抗の試合を兼ねた集まりであったため、朝が早く、人数も一台で入るかどうかのぎりぎりの数だったのです。私たちとしては少しでもバスの費用を抑えたい。しかし安いだけではなくきちんと送迎してもらえるところを選びたいと思ったのです。

そこで貸し切りバスの見積もりが出たときに交渉をしました。私は交渉事があまりうまくないため、普段仕事などで商談をしているようなほかの役員さんにお願いしました。そうすると、意外と貸切バスって値段交渉ができるんですね。もちろん大幅な減額というわけではありませんが、不要なサービスや提案を外してもらうと、少し見積額よりも費用を安く抑えることが出来るのです。そのお金でみんなで快適な貸切バス移動ができたので、本当に良かったと思います。貸切バスを利用する時には、やっぱり少し値段交渉をすることも大切ですね。