介護タクシーで危険運転が減るかも

介護タクシーの利点として、老人による危険運転が減る可能性について取り上げます。
昨今、認知能力の低下した高齢ドライバーによる事故が多発しております。
悲惨な事件が続き、世間では一定の年齢に達したら運転免許を取り上げるべきという極端な意見も出てきてしまいました。
とはいえ、高齢者の立場となれば運転の禁止は死活問題です。

生活必需品の買い物や持病の通院のためにどうしても車の運転が必要、という方が地方を中心に存在します。
老老介護で車椅子の配偶者を病院や介護施設に連れていくために車が必要な高齢者は今後も増加傾向。
運転免許の一律取り上げでは、こうした弱い立場の人たちを切り捨ててしまうことになるのです。
私が期待を寄せているのが介護タクシーです。
介護タクシーが病院や施設への送り迎えを担当してくれるならば、高齢者が運転をしなければならない機会が減り、必然的に運転免許も必要でなくなります。
施設や病院への行き帰りの途中で買い物を認めれば、生活必需品を買いに無理に運転していくこともありません。
公共交通機関の利用を進める高齢者用無料チケット政策と介護タクシーを組み合わせることで、弱い立場の高齢者の生活を守りつつも危険運転を減らすことができるでしょう。
介護タクシーにはこうした思わぬ副産物もあると考えています。