障害年金の特徴的な部分としてあること

障害年金とは病気や怪我による生活や仕事の制限を受けてしまうような状況になったときにも安心できる年金制度の一つです。現役世代の人であろうとも受け取ることが可能です。認定を受ける必要性があり、障害年金には障害基礎年金と障害厚生年金があります。

障害年金としては初めてその治療を受けた時などに国民年金に加入していれば障害基礎年金となり、厚生年金に加入していた場合は障害厚生年金が請求できるということになるわけです。当然ですが認定制度になっているので障害厚生年金に該当する状態よりは低い障害が残ってしまったという時にも障害手当金というの受け取れるようになっていますのでかなり充実しているタイプの制度であるというのは間違いないのです。どんな状態の人でも障害年金を受け取ることができるのかといえばそうではなく、年金の納付状況などの条件があるので注意が必要であるといえるでしょう。いくらもらうことができるのかというのはその人の状況によって違うわけです。それを狙って加入したりしなかったりというわけではないでしょうが、どのくらいの年金に加入しているのか、と言う事によって障害年金も違う事は理解しておいたほうがよい部分となります。