自分でできないしみ抜きはクリーニングを利用すべきです。

衣類に関しては子どもや工場や工事などで汚れやすい作業をすることが多い職業の場合、しみが付くというのはしょっちゅうある話です。しみはどのようなものが付いたとしても早めに落とさないと落とせないリスクが上昇します。大概のしみは自宅で洗剤を使用したり、あるいはしみ落としのための石鹸などを使用することできれいに落とせるものですが、中には自宅では落とせないようなしみが付くこともあります。

その際しみが落ちないからといって何度も洗濯するという人もいますが、局所的に洗ったりするとその部分だけ色味が落ちたり、あるいは毛玉がついたりして傷んだりすることもあります。そのため一度洗濯して落ちなかったしみ、あるいは制服やフォーマルウエアといった特に大切な衣類のしみはクリーニングでしみ抜きを依頼するのがおすすめです。クリーニング店に衣類を持っていき、そこで気になるしみを店員さんに教えてしみ抜きをしてもらうという方法です。しみの付き方や時期によっては追加料金を支払わなくてもいい場合もありますし、時間が経過しているとか広範囲に濃くしみが付いているという場合には数千円になることもあります。またクリーニング店の中でもしみ抜きをメインに行うところもあり、そのようなところは特にしみ抜きの技術が高いということで完全にしみを落としたい場合にはぜひ利用したいものです。