本場のバルの種類

bar11日本でもだいぶ定着してきた渋谷のバルですが、オシャレで軽い食事とお酒が楽しめる居酒屋といったイメージが有るかと思います。中には肉バルなどがっつり食べたい方におすすめなバルもありますが、おおよそ日本ではそのようなお店が多いでしょう。

もともとバルというのはアメリカからヨーロッパに伝わったもので、バーのスペイン語読みがバルです。ちなみにイタリアではバールだったでしょうか。
イタリアのバール、もといバルは種類が豊富です。基本的には日本と同様軽食をいただけるお店なのですが、朝はコーヒー、夜はお酒といったように喫茶店と酒場の役割を同時に果たしているようなお店を指すことが多いようです。その中でも食事に力を入れているのリストランテ・バール、コーヒーが中心のカフェ・バールといったように細分化されているのです。中にはアイスが中心となっているジェラテリアバールなどもあるというのがまたイタリアらしいと感じます。
バルの語源はバーから来ているものですが、その実態はお酒だけでなくコーヒーなども楽しむことができる市民の憩いの場という、一般的に用いられるバーとは少し違ったイメージなのがまた面白いところです。日本にはまだそのような側面は見られないような気がしますし、今後日本独自のバルとして進化しても面白いかもしれませんね。