良い歯医者を選ぶポイントについて

良い歯医者をネットで検索すると、口コミなどで様々な歯医者の情報が書き込まれていますが、現在ではコンビニより歯医者の方が乱立している状態です。危ない歯医者を避けて良い歯医者を見つけるためにはポイントがあります。いったいどんなものなのでしょうか。

厚生労働省と日本歯科医師会は、「80歳になっても歯を20本以上残す」ことを目指す、「8020運動」を取り組んでいます。達成率は50%を超えていますが、30代から50代の人たちは、虫歯も多くあり、治療を何度も繰り返す悪循環に陥っている人も少なくありません。

良い歯医者を見つけるポイントとしては「治療が早く安く終わる歯医者は良心的で信頼できる」というのはウソです。治療期間と費用は治療プランによって異なりますが、最良のプランというのは、時間も費用もかかりますが、質が高く長持ちします。良い歯医者というのは、当然そちら側を薦めてきます。そのため、保険範囲内で終わらせる治療は、早くて安いかわりに、見た目もそれなりで強度もそれなりです。なので、早くて安い治療方法を選ぶ歯医者は、避けるようにしましょう。

あと、その治療をするに当たって、欠点や利点をちゃんと説明してくれる歯医者を選ぶことも良い歯医者を選ぶポイントになります。