建設業という言葉から感じる印象と私的な見解

大規模なビルから小規模な戸建て住宅まで、あらゆる建物に関わる仕事として建設業があります。仕事の分類でもカテゴライズされていますから、その業種についている方の数も相当になると思います。実際には様々な職種がありますから、その言葉から受ける印象を一概に表すのは難しいのですが、往々にして言われるのは肉体的に大変な仕事という印象でしょうか。

しかし素敵な商業ビルや近代的な施設、お洒落なマンションや住宅が増えている昨今、非常に夢がある仕事という印象もあります。特に大規模な建物の建設は、その過程を見るにつけその技術の素晴らしさに感動すら覚えます。高層ビルの建設はその最たるもので、設計する人もそれを実際に形にしていく人も大変な責任の中で動いているのだろうと想像できます。そのため完成した際には、相当の達成感があるのだと思います。その建物を見るたびに、自分が建てたと言った感慨深さがあるのでしょう。
そう考えると、建設業は大変やりがいのある仕事という印象も残ります。大変なことが多い分、他の職業にはない達成感が味わえる仕事なのかもしれません。これからも建設業は社会の発展に必須の仕事として、夢を持って従事する人は増えていくのではと感じます。