障害年金の手続き

障害年金の手続きには、初診日が重要なポイントとなってます。年金事務所に行って、手続きを行える障害の方や納付要件などを聞かれて、書類をもらうことになります。障害の種類によっては、等級が関係してきますので、よく確認してから申請を行うことが必要となります。また、国民年金の毎月の支払をされていないと、申請が出来なくなりますので、注意が必要です。申請をする時に、作成する書類も大変多いので、手分けをして行うのがいいかと思います。一人でやろうとすると自分自身への負担が大きいです。

診断書の依頼は、大抵は受付にある文書の申請の所で申請をしてからとなりますので、記入が完了するまでに数日かかると思っていいです。

病院に行って主治医に障害年金に使う診断書を作成してもらうことになります。普通の診断書で提出するのではなく、身体であればリハビリテーション科で細かく測定をして、書類に記載をするということが必要となります。レントゲン写真の提出も求められることもありますので、書類の提出に不備のないようにして提出をすることになります。訂正箇所があれば、その都度市役所などに行くことになりますので、慎重に記入することが大切です。その後、審査を行って年金証明書と障害者年金の決定通知を受け取ることが出来れば、障害年金を2か月ごとにもらうことが出来るようになります。