15年以上前に亡くなった家族の遺品整理がまだ終わっていない

私は、高校に入ってすぐに母親を病気で亡くしました。私は今年で三十歳になり、母親が亡くなってからもう少しで丸15年になります。母親の遺品整理は、母親が亡くなってから半年後に親戚の人たちと一緒にしました。母親は、洋服や靴やアクセサリーなどの衣料品や、趣味のトールペインティングや油絵やお裁縫などの道具や、母親が若い頃にしていた生け花や書道の道具や沢山集めていた花瓶など色々な私物がありました。

母親が亡くなってから早めにしてたのは下着でした。やはり、亡くなった人の下着を家に置いておくのは風水的に良くないような気がしたからか、父親が早めに母親の下着を捨てたようでした。そしてその後に、母親の衣料品を整理しました。趣味の道具は、最低限私が普段の生活で使うお裁縫の道具だけを残して、後の物は全て捨てました。最初は、捨てるのが何となく勿体無いなと思いましたが、使わないものは家に置いておいても風水的に良くないと思ったので、思い切って捨てました。それから、生け花や書道の道具も捨てました。花瓶だけは、まだ実家に置いてあります。私が母親の遺品整理をしてみて思ったことは、難しいようで意外と簡単なものなんだなということでした。