樹木葬とはどういったものなのか

最近では、日本国内において、樹木葬を選ぶ方が増えているといわれています。
樹木葬というのはいまそれほど馴染みがないものであるといえますが、実際にはどういったものなのでしょうか。
樹木葬とは、文字通り、花や木などといった、自然の樹木などを墓石の代わりとしている、自然葬のひとつとされています。

墓石を使わず、花や木などを使うことから、このように呼ばれています。
比較的新しい埋葬方法の一つであり、 日本では、最近である、1999年以降に徐々に採用されはじめて、徐々に広がっていると言えるでしょう。
宗教に縛られることもありませんし、墓石などよりも、低価格で済むという特徴がありメリットも多いと言えるでしょう。
自然へと還りたいという思いがある方や、自然が好きな方、草木などに親しみがある方が選ばれることが多い埋葬方法の一つであると言えるでしょう。
負担は少ないですが、反面で慣れない方法であるということから、心情的に戸惑いを覚える方も多いですが、これからはさらに増えていくのではないかといわれています。
さらに、樹木葬は環境面でも配慮されていて、自然に対する基礎工事なども必要がありませんし、環境を守るという点でもメリットがあると言えるでしょう。