種類豊富で食べ飽きない串カツ

kushikatsu11串カツというと揚げてあって胃にもたれるイメージがありますが、そんなことはありません。
私は実際の店舗で食べたりスーパーの惣菜で串カツを買うことがあるのですが、商品によって味に特徴があり、意外とパクパクいけてしまうものです。
カラッと揚がっていればそうもたれることもなく、ソースをつけて食べればさらにおいしさ倍増、というか、ソースとの相性が抜群だからどんどん食べられるのです。
私のお気に入りは豚肉。シンプルながらもお肉のうまみが凝縮されておいしいです。誰でも気軽に食べられるのがこの豚の串カツではないでしょうか。
あと気にいっているのは野菜の肉詰め。こちらはよくスーパーで買います。シイタケやピーマン、レンコンに肉が詰めてあって二度おいしさを感じられます。
野菜と肉って本当によく合うんですよね。野菜好きな私にはぴったりの串カツだと思ってます。

スーパーで売っている串カツは、家で温め直すと揚げたてのようにおいしくなるからおすすめ。
オーブンで焼けばカリッとした食感が戻ってきます。そして温かく、安い値段で買ったとは思えない味になります。
串カツの難点と言えば、おいしすぎてどんどん手が進んでしまうことですね。色んな種類があるため、次から次へと食べたくなるから注意しないといけません。