意外と大事な労災保険

rousai11以前スーパーに勤めている友人が誤って包丁で指を怪我してしまった際、労災保険がおりて助かったという話をしていました。
自分自身は労災保険の必要性を感じないような業務をしているということもありあまり意識をしていなかったのですが、怪我の治療費用が全額支払われたという話を聞いて実はすごいものなのだなと思ってしまいました。そもそも恥ずかしながら労災保険についてあまり知らなかったのです。大人である以上最低限の知識は持っておく必要があるでしょう。

そこで簡単に調べてみた所、怪我は勿論病気で治療を受けた場合にも全額を負担してもらえることがあるようですね。ほかに療養したり障害が残ってしまったりと種類によって違うということなので、自分がどうなっているのか知っておく必要がありそうです。
しかし自身が労災保険について明るくないということは、比較的平和な場所にいるということなのではないかと思ってしまいました。怪我をすることは机に躓いて転ぶといったことでもない限りほぼ無いでしょうし、それでおりるのかは些か怪しいものです。
あるとすれば病気ですが、精神的なものでも労災保険は下りるのでしょうか、まったくそのような症状は見受けられませんが少し気になるところです。
今後はもう少し労災保険という存在を意識しておこうと思っています。