貯蓄や保険まで考えた上での資金繰り

cash11だれでも家庭を持ったり、子供ができたりするとそれまでより貯蓄や保険などについて、真剣に考えるでしょう。さらに資金に余裕があれば投資まで考えるかもしれません。もちろん、毎月の資金繰りが、うまくまわるという大前提で。ここはもちろん、皆さんが抑えてお金を回していると思いますが問題は教育費など、人生の中でまとまったお金が必要になる時です。

家族と相談の上、中長期的な提起などで貯蓄をしているとしましょう。しかし、教育費となれば、一括でかなりのお金が必要になります。特に私立など。また、冠婚葬祭などが続いた場合には、かなりの出費に抜くなるわけです。通常計算していた資金繰りではなんともならない可能性も出てきます。こうなれば、問題になります。
仮に貯蓄や保険はきちんとしていたとしても喫緊の現金がないという残念なことになるわけです。ですから、資金繰りを考える場合には常に手元にまとまったお金が、現金ベースでおいておけるプランをしっかり考えていかなければなりません。正直、これは一度失敗しないとなかなか思考が及ばないこともありますが、事前にこうした、情報をもとに動いておけば、失敗も少なく、いやなくともいけるかもしれません。