まずは射撃場で練習してみましょう

shooting_range11オリンピックにも採用されている射撃の競技には、ライフル射撃とピストル射撃とクレー射撃があります。
このうち、ライフル射撃とピストル射撃は室内でも競技を行うことができます。
射撃はメンタルが大変左右される競技ですので、室内の射撃場で競技ができるのは大変メリットがあるのではないでしょうか。
特に射撃を始めて間もない頃は、屋外の射撃場で練習していてもなかなか集中するのは難しいですし、風や雨が強い場合はとても練習するのは難しいです。
そのように考えると、室内で練習できるライフル射撃とピストル射撃は、年中練習ができることから、趣味で射撃を始めてみたい人にとってもぴったりの射撃競技です。
逆に、クレー射撃は動いている物を撃つ競技になりますので、こちらは誰でも始めるのは難しいのかもしれません。

クレー射撃を習得するには基本が大切になってきます。
動いている物を狙う前に、動いていない物を狙う練習をして、射撃の精度を高めていかなければなりません。
さすがにクレー射撃を趣味で始めてみたいという人は少ないかもしれませんが、始めてみたいという人はまずは射撃場で練習してみるといいかもしれません。
練習してみるとクレー射撃の魅力が分かるかもしれません。