バルの軽い肉料理なら数種類でもOK

bar_11仕事帰りの数軒の軽いお店のはしごとなると基本的に料理は軽いほうがありがたいものです。私も職場の帰りにバルを使います。といっても男性ばかりなのでどうしても肉料理は必須になります。とはいえ、20代から50代まで幅広い年齢層なのであまりがっつりした味付けは好まないことも多いわけです。特にワインが好きなメンバーも多いのでどうしても頼む肉料理は大皿であれ、小皿であれ、カツレツをはじめとした揚げ物や濃いソースの煮物よりも軽いサラダ風、もしくは焼き物といったところになるでしょうか。それも脂身が多い肉料理よりも赤みが好まれるというのが今の現状です。

もちろん、こうした肉料理のメニューを準備していないバルはありませんのでどこに行っても問題ありません。ただし、あまりにもしょっちゅう行くとこの肉料理もワンパターンになりがちなのでそこをどうクリアしていくかが課題かもしれまねん。何しろ、こうしたワインやビールを楽しめる肉料理のメニューは定番メニューだけではなく、季節ものでも構わないのでどんどん開発してほしいと思います。もちろん、女性陣にしてもこうした軽い肉料理のほうを好むことが多いと思うので万人受けすると思います。