相続が近づいてくる

souzoku11母が86歳で高齢のため相続の時期が近づいていると言える。気になるのは相続税のこと。2015年度相続税が改正され基礎控除額がぐっと引き下げられてしまいました。
改正前は5000万円+法定相続人数×1000万円、それが改正後は3000万円+法定相続人数×600万円と60%も引き下げられたのです。
相続税はぐっと身近なものになって、今までは心配しなくても良いような納税を心配せねばなりません。
沢山ある財産なら、当初から抱えてる税理士などのアドバイスを受けながら早くから対策を練るのかもしれませんが、税理士に知り合いなどなく、何をどのように相談したらよいかも分からず、税理士に騙されたりしないかなどというレベルではただ座してその時をどう迎えるかおろおろするばかりです。
そう言って愚痴っていても何の解決にもならないし、誰も助けてもくれません。事実を受け止めて相続に備えねばなりません。

妹と私で法定相続人は2名なので3000万円+1200万円=4200万円 亡き父が国鉄に35年勤めた退職金などがあるから現金で2500万年くらいはありそうで、あとは家と土地がどういう評価額になるかで課税されるかどうか決まりそう。狭い土地に小さな家、実勢価格と相続税評価額は全然違うという話もあるから課税されるまで財産は無いような気もするし・・・難しい。