窓ガラスをパリンと割った瞬間がスローモーションだった

窓ガラス11窓ガラスがパリンと割れた時、その割れる瞬間が実にスローモーションのようでした。驚くほどに、その瞬間がスローモーションのようにゆっくりと動き出すのです。

できればそのまま割れずに元に戻ってくれると良いなと思うのですが、そうはいきません。ゆっくりと割れたと同時に、割れたガラスがパリパリと下に落ちていくのです。

あの落ちる瞬間も本当に悲しく、その場でじっとその割れたものを見つめては身動きができないのです。足がもう動かず、どうしていいか分からないのです。

あの瞬間は本当に怖かったです。今までは色々な物を落としては割ってきましたが、この窓が割れるというものは、もう人生が終わるのではないかなと思うほどに怖いのです。

そのガラスの破片をゴミ箱へと入れては落ち着かず、このまま家出をしてしまおうかと思ってしまうのです。

げっそりと1日に痩せてしまうような思いをしました。すぐに修理屋に頼み、来てもらうことにしました。

電話をするとすぐに業者の人が来てくれたのが精神的にも楽になりました。お金もあったので、本当に助かりました。

そのお金を渡し、綺麗になった窓を見てはさすが業者だなと思いました。その窓を見つめては絶対に窓ガラスを割らないようにと誓ったのです。