コーヒーに適した砂糖とクリーム

コーヒー普段コーヒーになにげなく入れている砂糖やクリームですが、コーヒーに向いているものと不向きのものがあります。砂糖とクリームを上手に使ってコーヒーをもっと美味しく飲みましょう。砂糖とクリームを使いこなすと楽しいコーヒータイムを過ごすことができます。コーヒーはブラックで飲むのが通、という人もいますが、欧米や産地では一緒に砂糖やクリームをいれて飲むことがほとんどです。コーヒーの主産地である中南米などでは暑さが厳しく喉も渇きますが、砂糖にはそれを癒す効果があると言われています。砂糖は大別するとグラニュー糖、上白糖、コーヒーシュガー(ザラメ糖)などがあり、コーヒーに一番向いているのは癖がなく溶けやすいグラニュー糖です。一般的に、黒糖などの個性が強いものはコーヒー本来の味を損なうおそれがあり、不向きとされています。コーヒーに合うクリームは生乳を原料とする、いわゆる生クリームです。なまくり0無二は口当たりをマイルドにするコーヒー用と、泡立ててアレンジコーヒーのトッピングなどに合うホイップ用があります。コーヒー用とホイップ用は含まれる乳脂肪分の割合で区別されます。アメリカンなどの軽いコーヒーでしたら、植物性クリームもよいでしょう。