「クルマの鍵」の電池がきれた。

11クルマの鍵は電池で電波を飛ばして、ドアの開閉をしますが、長い間使用していると電池が少なくなり電波が弱くなります。そんなことは頭の中にはあまりなく、ドアが開かないと焦って大騒ぎをしたことがあります。理由が解らず、クルマが壊れてしまったのかと思いかなり落ち込んでしまったことがあります。 家族に話をしたら、即答で電池切れではとのことでした。あっそうかと思い元気がでてきた事があります。

家族が帰宅してから、車やさんに行き電池交換して貰いました。 あまり電池のことを気にしていない私は、「クルマの鍵」も電池で作動していることを再認識しました。 クルマ自体が便利な乗り物であり、さらにそれに付随しているものが便利に使えるようになった今日この頃ですが、電池の存在は実に大きいなと思いました。 「クルマの鍵」の電池は重要で、今の車は鍵穴に差し込まなくても、持っているだけとか、置いてあるだけでエンジンがかかります。暗闇で鍵穴にクルマの鍵を差し込むのが大変ですがそれも、改良されています。ドアを開けるのも、鍵をもっていて近づいただけでドアが開いたり、生活のあらゆる場面でクルマの鍵は便利に働いています。 これから、クルマを買い換える場合も今より更に進化したものが生まれてくるのでしょうか? 生活の一部のクルマには色々な場面で期待しています。