建設工事はきっちり働ききっちり休む

kouji9現在建設工事の仕事についていますが、この仕事の良い点は労働時間と休憩時間がはっきりしている点です。8時から10時まで作業して30分休憩、12時に1時間の食事休憩を取った後、2時間作業し3時から30分休憩、そして基本5時でぴったり作業終了となります。ごくたまに残業もありますが、殆どはこのタイムシフトで流れていきます。現場にはたいがい煙草の吸える休憩所があり、休憩時間は寝ようがゲームをしようが勝手です。

私は建設工事の仕事に就く前は長く営業の仕事をしていたので、会社から解き放たれる時間はいつも遅く、家に帰っても自分の時間があまりありませんでした。また常に成績のことが頭をよぎり、芯から心の休まることは無かったように思います。その点、今の仕事は時間内きちんと仕事をすれば後は自由です。休みは日曜だけですが、考え方を変えれば毎日休みのようなもので、帰ってからも自分の時間はたっぷりあります。仕事のめりはりがきっちりしているのが、この仕事の魅力です。