大震災の爪痕で除染が

除染日本国民であれば誰もが忘れることの出来ない大きな災害が起きてから、3年以上の月日がたとうとしています。その災害は東日本大震災です。災害の元となったのは、地震ですがその地震による想定を超える津波が大きな被害をもたらしました。それまで日本の電力を支えていた福島第一原発も津波の被害を受け壊滅的な被害を受けました。ですがそれ以上の問題がそこから始まりました。原発施設の崩壊により放射能が付近に放出されてしまったので、新たな除染という問題が発生しました。

東日本大震災で世界的にも大きな被害を受けた福島第一原発では、今なお廃炉に向けた工事が進んでいます。当然、放射能を扱っている施設ですので、多くの施設等の除染作業は必要になることでしょう。まだまだ除染が済んでいない地域の人達は、避難生活を余儀なくされています。目に見えない放射能という恐怖から未だに解放されていません。確実な放射能の除去というのは、目に見えないために難しくその効果についても確証がありません。まだまだ福島の廃炉作業は長い年月が掛かりますが、未来のためにも確実な除去が必要であると考えます。