自動車整備士は慢性的な人手不足

自動車整備士自動車整備士やディーラーや中古車店をはじめ、自動車のパーツショップ、バイク店などに必要な人材であり、有資格者数が圧倒的に少ないため、慢性的な人手不足となっており、資格をもっていれば、将来的にも安定したビジネスであるということができます。具体的な仕事としては自動車やオートバイなどの点検、整備、調整、修理を行うのが基本的なビジネスとなります。平均年齢は男性で35.6歳、女性は29.8歳となっている状況です。

この整備士資格をとるにはレベルによって様々な要件を満たしている必要があります。たとえば3級に関しては15歳以降で1年以上の実務を経験したもの、もしくは大学、高専、高校、職業学校などで指定学科を終了したか卒業したものといった要件を満たしていることが必要となるのです。さらに2級、1級とレベルが上がるにつれたて、こうした要件はさらに厳しいものとなってきますので、まず受験するにはその要件を満たしているかどうかをチェックすることが重要となります。