大谷石の採掘場を見に行きました

大谷石の採掘場夏休みに子供とおばあちゃんを連れて宇都宮に遊びに行った時のことです。おばあちゃんが大谷石の採掘場を見たいというので、またつまらなそうな所に行きたがるなと思いつつもしぶしぶ連れて行きました。

私は全く知らなかったのですが、大谷石というのは栃木県の大谷で採れる石で、昔から建築の石材に使われているのだそうで、かつての帝国ホテルも大谷石で作られていたとのことです。

現地に実際に行ってみると、大谷石資料館という建物があり、そこから地下の採掘場へと降りることができます。八月のうだるような暑い日でしたが、下は寒いとのことで入り口には毛布が置いてありました。

狭くて長い階段を降りてゆくと、みるみる気温が下がり、五度ぐらいになります。そこは想像していた無機質な採石場とはまったく違い、とても幻想的な空間でした。薄暗いながらもライトアップされた巨大な地下の空間はまるでゲームの中の地下迷宮そのものです。一度は見る価値がありますので、ぜひ行って見てください。