ピッキング窃盗団

ピッキング窃盗団ピッキングというのはピックという道具を使って鍵を不正に解錠する手段のことです。これを空き巣に使っているのがピッキング窃盗団、外国人窃盗団と呼ばれています。当初、警察や被害者は鍵のかけ忘れと思っていたようですが、徐々に認知されてきました。

最近ではピッキング窃盗は減少したとも言われているようですが、1件あたりの被害額は大きくなっているといわれており、目的の金額にいかなければ家人の帰ってくるのを待ってカードの暗証番号を聞き出す強盗のようなケースも増えてきているそうです。出国する前にピッキングの訓練を受けているという話もよく聞きます。上海にそんな学校があるという情報も流れていますが、真偽のほどは不明です。

これに対して対抗できるのは、1ドア2ロックなどの侵入を拒む手段を構築することです。鍵やドア、窓などの防犯性能を上げていくことでピッキング窃盗団が避ける家をつくることが大切です。侵入できない家を作ることは難しいですが、侵入するのが面倒な家を作ることはできるのです。