泌尿器科って恥ずかしい

病院へ行こうよ泌尿器科というと何か恥ずかしい病気でお世話になるというイメージを持つ方も多いですよね。
泌尿器科がどういうどういうところなのかをちゃんと説明できる方は意外に少ないと思います。
他の科にも言えることかもしれませんが、泌尿器科は普段あまり縁のない診療かです。
泌尿器科は主に尿と性器、つまり泌尿生殖器に関する範囲を担当する診療科です。
女性には婦人科というション量化がありますので生殖器については男性が中心ということになります。
部位としては腎臓、膀胱、陰嚢、精巣、陰茎、尿管や尿道、前立腺などに関わる領域を守備範囲とする科です。

泌尿器科といえがとりあえず性病を連想するので冒頭のように恥ずかしいというイメージが浮かびがちですが、性行為感染症は早期の検査と初期治療が大事ですので不安がある方は恥ずかしがっている場合ではありませんので早めに診察を受けたほうがよいです。
前立腺肥大なども泌尿器科に担当範囲になります。